寝る直前まで見ているスマホがあなたの能力を低下させているる【睡眠不足、慢性疲労、パフォーマンス低下、ミス、注意力低下】

こんにちは
小顔de東京のスタッフ村上です。


あなたは寝るギリギリまで
スマホを見ていますか?


そんなあなたは
寝たのに疲れが取れていない
日中集中力に欠けてミスが多いなど
気になっていないでしょうか?

 

スマホやパソコンのブルーライトが
『体内リズムに影響をする』と、
一度でも耳にしたことがあると思います。

 

スマホやパソコンのブルーライトが
問題視されているのは
夜でも昼のような明るさを
眼から取り入れてしまうため。

 

それと
光源からの距離が近いことで
ブルーライトの影響を強く受けてしまうこと
か挙げられます!


でも実は
ブルーライトは太陽光にも含まれていて
私たちの体内リズムを作る上では必要なもの
ということはご存知ですか?

 

朝、太陽の光を浴びてから14~16時間すると
松果体というところでメラトニンが作られます。

 

メラトニンは深部体温を下げ
眠気を誘発するホルモン。


光に当たらないと
メラトニンが上手く分泌されません。

 

メラトニンがちやんと分泌してくれることで
自然に眠気が出現し、寝る準備が整います。


メラトニンは必須アミノ酸の
トリプトファンから作られるため
朝食にたんぱく質を摂ることも大切です。


私たちのカラダは
自然のリズムに合わせて
日が昇るとともに活動を始め
日が落ちるとカラダを休めます。

 

【睡眠の役割は】
 ▪️ストレス発散
 ▪️脳・身体の疲労回復
 ▪️身体の成長
 ▪️血液成分の産生
 ▪️記憶の定着
 ▪️ホルモンの分泌
 ▪️新陳代謝・老化防止

など。

 


睡眠不足だとこれらが上手く行われない為
カラダの機能が上手く
働かなくなってしまいます。

 

つまり
睡眠の質を高めるためには
光をコントロールすることが必要!

 

具体的には
朝は毎日決まった時間に
太陽の光を浴びる


コンビニやスーパーの照明は
昼間の太陽と同じくらいの明るさがあります


なので、夕方17時以降は
なるべく行かないように心がける


そして、できればスマホやパソコンの使用も
夕方以降控えるようにする

 

宇宙から見た地球は都会ほどとても明るく
夜なのに昼間の様な様子が確認できます


『生体リズムに影響を及ぼす環境下に常にいる』
そのことを常に意識して生活することが
体調良く、気分良く過ごすためには
必要になってきています。


文明の発達により世の中が便利になった分、
選択していく能力がどんどん求められますね!


今やなくてはならない『照明(光)』ですが
『使い方によってはカラダに不調を起こす』
このことをしっかり頭にいれて
毎日快適に過ごしましょう(^^)